日常の疑問を調べたり、趣味のロードバイクのことを書いたり


ゴト 2016.1.31 特に注意したい台
2016年1月31日現在。

特に注意が必要な遊技台を挙げます。

電波系ゴト
カイジ3
化物語

ショート系ゴト
モンハン月下雷鳴
バイオハザード6

クレマン
ジャグラー
ユニバーサル

仕込み系
ユニバーサル

体感器
ジャグラー


初見の人物は要注意。

すぐに当たりを引いたら、打ち始め前の遊技台の動画確認。

従業員の連絡を密に。


スポンサーサイト

きのう不思議なものを見た キツネのような
昨日の夜、犬の散歩中に不思議なものを見ました。

なにやら後ろに気配を感じ、振り向くと同時にマグライト照射!

するとびっくり、10メートルほどの位置に、キツネ発見。



なんぼなんでもキツネが出るような場所じゃないんですけど。

私の住んでるところ決して都会ではありませんが。

キツネレベルの大きさの野生動物が現れるような田舎でもありません。



しかし、どう見てもイヌじゃありません。

特徴的な尻尾がすべてを語ります。



しかし。



これは後からか気づいたことでありますが。



不思議なことがいくつかあるのです。

まず、気づいたのが飼い犬ではなく私だということ。

これはまずありえないことなんです。

うちの犬、ものすごく周囲に注意深いんです。

じっと見る方向に目を凝らしてみれば、たしかに人がいる、なんてザラです。

それが、動物にこの距離まで近づくのを許すなんて、まずありえません。

しかも。

その時、うちの犬が、ものすごく甘えたような声で鳴いたんです。


ありえない


この気の強いヤツが、まさか。

さらにありえないことに。

私、なんとも思ってないんですよその時。

ふつう「まじか!」とかになるんでしょうけれども。

普通に「キツネか」としか思ってない自分。

紐をひっぱる犬をなだめて家にかえりました。

いやいやいや。

そこはなんかアクションを起こすとこだろう自分!

キツネはそんなに警戒したような様子もなく、こちらをちらちら見ながらゆっくり離れていくだけです。

手をさしのべてもよさそうな雰囲気。

しかし何も思わず、何も行動しない自分。

自分でも説明がつかない状態でした。




あれはいったい何だったのでしょう。

キツネの姿をした何か?






続きを読む

AT機って何なの?
AT機とは


2014年の検定方法の変更により、消滅が確定した「AT機」

高い射幸性により一世を風靡した「AT機」


「AT機を説明できない従業員がいる」


と上司からの指摘がありまして。

AT機とはなんぞやを調べてみました。


AT機

AT機には純粋なボーナスというものがありません。

逆に言えば、通常時がボーナス時であると言えるでしょう。

ん?、通常時がボーナス?

どういうことやねん。

もちろん普通に順押しで打っていれば、メダルは減ります。

そりゃそうだ。


AT機のボーナスとは、その時、子役が成立する押し順を教えてくれる「アシストタイム・AT」に入った状態を指します。

子役が揃う(メダルが増える)確率が変わっているわけではありません。

つまり、アシストタイムに入っていなくても、押し順を当て続けることが出来たなら、通常時でもメダルを増やすことができます。

確率的に無理ですが。

アシストタイムに入っていない時に変則打ち(順押し以外の押し方)をすれば、ペナルティもありますし。

トータル間違いなく損するんで、通常時の変則打ちはしちゃダメです。



とりあえず基本中の基本がこれです。

細かく書けばきりがないのと、機種によってもいろいろあるので。

このへんで。


新基準機
パチンコは2015年の11月から

スロットは2015年の12月から

新基準機のみの販売となります。


新基準機とは


パチンコ
大当たり確率が320分の1まで

今までの400分の1から大きく下がりました。




スロット
AT・ART機能の制御をメイン基盤で行う
ペナルティ機能無し


こちらは少々複雑な話になります。

パチスロは2014年9月に検定方法が変更になり、高純増のAT機は通らなくなっています。
新しい検定方法とは、ナビに従うことなく、順押しのみの消化。
そして、今までは上限のみ指定されていた出玉率が、下限も設定されました。

17500ゲームで、上限120パーセント、下限55パーセントというものです。

ART・AT機にて、ART・AT中に押し順を無視して左から押し続ければ、出玉率は10~20%程度と思われます。
通常時は小役を制限し、ART・AT中はナビで出玉を獲得。
それが、現在のART・AT機です。
順押しのみでは下限率をクリアできず不合格確定。
ART・AT中、ナビを無視すると出玉率が下がり不合格確定。



また、メイン基盤のみとはどういう事でしょう。

保通協の実射試験というのは、メイン基盤での出玉性能試験です。

このため、メーカーはサブ基盤に出玉の波を作らせて、スロット台を作っていました。

ナビ機能はサブ基盤が受け持っています。

さらに、レア役での上乗せゲーム数の決定もサブ基盤です。

試験を通過するための抜け道みたいなものでしょうか。

そこに、とうとうお上から「いい加減にしとこうか」と声がかかったということです。





そして、今後新基準に適合しない遊技機(今までの台ってことです)の比率を段階的に減らしていくことも、業界として自主規制で決まっています。

パチンコ

2016年12月に30パーセント以下
2017年12月に20パーセント以下

スロット

2016年12月に50パーセント以下
2017年12月に30パーセント以下


この中でも、射幸性の高い台を優先して撤去していくことになっています。

その台に対しては、メーカーが下取り等の優遇措置をとっていく予定です。



開始します
パチンコ・パチスロ業界の情報をまとめていきます。

この業界に身を置くさまざまな方に有益なものとなれるよう頑張ります。