日常の疑問を調べたり、趣味のロードバイクのことを書いたり


自転車活用推進法案


自転車活用推進法が可決、成立したのが去年の2016年12月。


施行は今年2017年5月1日。


もうすぐです。


世間一般の皆さまの認知度はどえらい低いように思われますが。




としてもっと自転車を活用していこうぜ!」




というこの法案。


環境保護と健康促進による社会コストの低減を目指し。


自転車における様々な要素を改善して取り組みましょうというものです。












発表された、基本方針12項目が以下です。




1.自転車専用道路、自転車専用通行帯等の整備

走りやすい道路を作ろうぜ!


2.路外駐車場の整備による時間制限駐車区間の削減

とめやすくしようぜ!


3.シェアサイクル施設の整備

レンタルだ!


4.自転車競技施設の整備

スポーツしようぜ!


5.高い安全性を備えた良質な自転車の供給体制の整備

不良品はいらない!


6.自転車安全に寄与する人材の育成及び資質の向上

安全を教える人がいるね!


7.情報通信技術等を活用した自転車の管理の適正化の促進

ネットで色々調べられるようにしようぜ!


8.交通安全に係る教育及び啓発

マナーやルールを教えていくぜ!


9.自転車の活用に青少年の体力の向上

若者よ自転車にのるべし!


10.自転車と公共交通機関との連携の促進

電車に自転車そのまま乗せられたら便利だね!


11.自転車を活用した国際交流の促進

自転車で海外の友達できたらいいよね!


12.観光旅客の来訪の促進その他の地域活性化の支援

地方の活性化にもいい!











一人の自転車乗りとして、自転車がよくなり、社会がよくなることを期待し、私も微力をつくそうと思います。






スポンサーサイト

香東川自転車道を走ってきた


香東川自転車道路をロードバイクで走ってきました。


高松市に流れる香東川沿いを走る、約18kmの自転車道路です。


朝から強かった風も昼過ぎにはやや 弱まり、準備して出発。


上流から4kmの地点に出て、河口まで走り、Uターン上流を目指すことにします。




ロードバイク スプリント 横
画像はイメージです










まだまだ風もあり、なかなか進まないなか走ります。


この香東川自転車道、たまに県外のロードバイクブログの方に紹介されるのですが。


たいがい低評価なのです。


路面とか設備とか環境とか。


私はこんなものじゃねーのと思うのですが、彼らは普段どんな素晴らしい自転車道を走っているのでしょうか。


うらやましい限りです。


完成して35年以上、たしかにボロいっちゃあボロいのは事実ですが。








円座の河川敷で、長男が部活のサッカーの練習試合をしておりましたが。


遠目に見るにとどめ、先へ進みます。


ちなみにフットボールのことをサッカーと言ってる間は日本は世界に届かないと思います。







だいたいこの円座付近から南は人が少なくなっていきます。


たまにお年寄りのお散歩に会うぐらい。


その都度さわやかに減速し、よそ行きの声で


「失礼します横通ります」


とロード乗りの評判を上げながら進みます。


お年寄りには優しく下手に謙虚に。








ここでロード乗りのかたに質問。


女子高生たちに「かっこいいー」と言われるのってそんなにレアな話じゃないですよね?


おそらく弱虫ペダルの影響でしょうが。


私はそのたびに微笑をふりまきながら心の中で


「ごめん、私には君たちと同じ年の娘がいるんだ!」


と涙しながら走り去ります。


ちなみに私の知ってるロード乗りの方たちはそんな経験は1度もないと言っておりましたね皆さんなんか少し怒っていたような。






上流を目指し走っていると、工事でう回路がありました。


新しく橋を作っています。


それなりの大きさの橋です。


おいおいこんな場所にこんな橋が必要なものかよ。


どう見ても税金の無駄使い建設工事です。


その金国道11号線の整備にまわせっつーの。


道路や橋の行政区分とか予算とかよくわかりませんが。


最近の香川県の幹線道路の路面の荒れ具合は、ひどいレベルになりつつあります。


仕方ないなら仕方ないで仕方ないですが、こういうのを見たら腹も立ちます。


だってどう見たってこの橋につながるまともな道路が無いんですもの。


まあ実際建設現場で働いてる人たちは何も悪くないので気持ちは心の中にとどめて先に進みます。


橋 建設
画像はイメージです











途中男子高校生二人組が張り合おうとしたそぶりを見せたので一撃のもとぶっちぎって戦意喪失させたぐらいで特になにもなく香東川自転車道路往復完了。


そうしないとかえって危ないからね。


総走行距離36kmのほぼ平坦サイクリングでした。


やっぱりこれからは風の強い日はロード乗るのやめとこう。





今日のロードバイクはKUOTAのクラーロ、後輪をレイノルズ・ストライク60mmハイトのフルカーボンホイールに交換。



HENTAIを見た!



ロードバイク 冬 山 上り







ロードバイクに乗ってる奴はすべからく変態である。


乗り始めて2年。


私もそんな変態の世界に足首はつかっているものと思う。


見てきたこと聞いてきたこと様々な変態を知っていると自負している。


しかし世の中が広いのか私がまだまだ青いのか、おそらくは両方なのだろうことが今日ありました。








標高400メートル、高松市の西部に鎮座まします五色台なる溶岩台地があります。


今日ロードバイクで上ってきました。


寒さやわらぎ緑しだいに強く、生き物の気配濃く。


日なたの気温は10℃以上ありました。


風も弱く、絶好のサイクリング日和。


ゆっくり上ってゴール地点に到着。


そのまま引き返します。


下りはじめてしばらく、前方より上ってくるロードバイク


私よりはだいぶん若いと思われるそのロード乗り


いロードバイク、美しいエアロ系だったと思われます。


思われます。


いつもならすれ違った瞬間、ロードバイクのブランドやグレード、組まれたコンポやホイール、ウェアの気合の入りようをチェックするのですが(ロード乗りの習性ですわ)。


その時私はそれどころではなかったのです。










なんと彼、半そでジャージに太もも半ばまでのサイクルショーツ。



完全な仕様ロード乗り見参!











やばい人来た。


いくらあったかくなったと言っても、それは真冬からの話。


3月初旬の標高400メートルにそのウェア、尋常ではありません。


ここにも一人、ロードに乗った変態。


すれ違いざま会釈する二人を、初春の風が切り離していきました。















世の中ってやつの広さを知りました。



ハンドルを買うのか買わないのか


ロードバイク ハンドル 3T




ロードバイクの話。


最近ハンドルを変えたくてしかたありません。


それはなぜかと言うと、幅が2cm広すぎるのです。


一般人意味不明。







先日購入したドグマ65.1というロードバイク。


サドルまわりやハンドルまわりの調整をくりかえし。


ようやくこんなもんかなー、というところまで来たのですが。


ハンドルの幅だけがどうしても違和感。


軸軸40cm(ハンドルの握る部分の幅が、中心軸で40cmということです)、フィジークのどえらい高級品が付いてるのですが。


私のベストが軸軸38cmなんですね。


2cmごときでと一般の方は笑うでしょうが、こればかりは経験してみないと説明しても無理。


ハンドル新しいの買うか。


本当ロードバイクのポジションって大事ね。


人によっては、サドルの厚みと固さでほんの数ミリポジションが変わってしまうというだけで数万円のサドルお蔵入り。


シューズやペダルを新しく買い替えるのもギャンブルだとか。


私はかなりアバウト鈍感な方ではありますが。


それでもハンドル幅2cmは許容範囲超え。


ディズナのJ-FITシリーズというのが良さそう。


安いし。


ロードバイク乗りあるある
ロードバイク 名称 パーツ









ロードバイク乗りあるある。













ロードバイク


生えて













はい来ました一般人には味不あるある。









新しいパーツ、買ってドキドキ乗ってワクワク。



交換はとても楽しいものです。



憧れの逸品をがんばって買ったり。



話題の新製品を気合いで買ったり。



皆がすすめる定番を買ったり。



心はとどまるところを知りません。



これを買えばあれが気になり。



それを買えばあっちを試してみたくなり。



我慢と財布の限界が試されます。










しかし。









ちょっと待って。





外した部品はどこに行くの?




次から次へ交換されてゆくパーツたち。




愛車はたしかにグレードアップしていきます。




そして部屋のすみに積み上げられる「使ってないパーツ」。




お分かりいただけたでしょうか。




そこから、ロードバイクが生えてくるのです。




気が付いてみれば。




ロードバイクを組めるだけのパーツの山がありました、なんて事に。




恐るべしロードバイク乗りの宿業。