日常の疑問を調べたり、趣味のロードバイクのことを書いたり


池っち店長という人の言葉





夢と寝言はちがう









尊敬する人は?


池っち店長です。

















池っち店長


















池っち店長がtwitterで


「夢と寝言はちがう」


かつてカードゲームショップのフランチャイズ展開を手掛けていた池っち店長。


そのときよくあったのが、元手もなしに語る電話。


「近所にカードゲームショップがないんです。ぜひ作りたい。お願いします!」


「資金はいくらでしょうか」


「えっお金がいるんですか」








いるわーそういうやついるわー。


私も仕事柄いろんな人と会います。


従業員しかりお客様しかり。


「おいお前!社長にわたりつけろや。俺がこの店の店長になってやのう、客まんぱいにしてやるわ!」


寝言ですね。


「俺え、司法試験うけるんすよ!ですんでえ、試験日は休みあたりまえっすよね」


資格とるとる詐欺。


「お前さ勉強なんぞ一切してないよな休みの日はパチンコ行った飲みに行ったの話ばかりだろうがわざとらしく司法試験の参考書食堂においてるようだが一切さわらずきれいなもんだよな去年試験日休みくれてやったが試験結果ぐらい報告すんのが筋じゃねえのかどうせ試験に行きもせず遊んでんだろうがそれでも休みが欲しいと略


寝言ですわ。


本当に資格を取ろうとして死に物狂いに頑張ってる奴を何人も見てきました。


そんな私にとって、資格とるとる詐欺ほど腹の立つものはございません。


「班長(私の役職名)頭がどうにかなりそうです」


「今どんなポジションかね」


「合格圏内です。いまのポジションを維持できれば・・・」


うかつな「がんばれ」は、本当に頑張っている奴には言えないことを学びました。


吉川くん(本名)元気?





















池っち店長をご存じない方も多いと思うのでご紹介。


始まりは、徳島のカードショップの店長。


その時の行動力はハンパなく、PTAに乗り込みTCG(トレーディングカードゲーム)の素晴らしさを説くといった、常人には到底考えが及ばない数々の武勇伝を持ちます。


その時はエラい人を店まで連れて行って


「私はカードゲームというものを勘違いしていたようだ。これほどまでに有意義なものであったとは」


と言わしめたとか。


私が池っち店長を知ったのはこのころでしたね。







ここで少々脱線してTCGの素晴らしさを。


まず、コミュニケーションに必要なものが身に付きます。


TCGって、カードゲーム屋のフリースペースで見も知らぬ相手と「対戦しませんか」が普通なのです。


引っ込み思案な子でも、「DMやってるんだ!やろうぜ!」って誘われて友達が増えます。


世代差なんてなんのその、大学生や社会人が小学生と談笑しつつデュエル(カードゲームでの勝負)なんてあたりまえです。


そしてTCGはマナーが大事。


ゲーム機のように機械が自動で判定してくれるものではなく、使うカードに書かれた文章をもとにお互いが納得しつつ手順を進めていくのです。


処理に疑問があればそれを提示しなくてはなりませんし、もちろん言い方にも気を付けなくてはなりません。


また、勝っても負けても気持ちよく終わらせる力が必要です。


勝って大はしゃぎしてはなりませんし、負けて当たり散らすなどもってのほか。


またTCGは「思考の格闘技」とも呼ばれます。


アクションゲームのような反射神経は必要ありませんが、必要とされるのは理解力、文章読解力、計算力、理論構築力です。


「向こうは次のターンで8マナたまるから、マナゾーンの文明から見るに多分あのカードをプレイしてくるはず。バトルゾーンはこんな状態だから、少なくともこちらはこのターンでこれだけのことをしなくては敗北確定してしまう。つまり全力で略


カードの知識と、流行をおさえる情報収集力も必要です。


多少お金のかかる遊びではありますが、「子供のうちにやらせておきたい」トップスリーのひとつだと私は思っています。









話を戻します。


活動拠点を徳島から東京練馬に作ったお店に移し、池っち店長は店長から社長へとかわってゆきます。


とはいえ定着してしまった「池っち店長」の名をかえることなく今現在も活動中ですが。


その後池っち店長は店舗運営の第一線から引いて、様々な企画創作を始めます。



ブシロードというカードゲーム会社の木谷社長という方との縁があったのが大きなきっかけだったように思います。


人気TCGの一つ「バディファイト」は池っち店長が作ったといっても過言ではありません。


今は2年後に発売を控えた対象年齢が高めのTCGを製作中だそうです。


もう雲の上の人ですね。


私がもっとも身近に感じた徳島時代がやはり一番印象にのこっています。


エイリアン鬼ごっことか参加したかった。


デュエルマスターズの記事を今か今かと待ち焦がれていたのもいい思い出です。


そのころは私も若く、カード購入特典のデッキ記事に思いっきり抗議のメールを送ったり。


だって1枚2000円もするカード(ボルテクス進化のペガサスというカードだ)を4枚使うようなデッキの記事なんて、たとえば子供がもらってもどうしようもないじゃん。


すみません池っち店長あのメールは私です。


かつて書いていたブログに長いコメントを頂いて狂喜乱舞したり。


アイザックアシモフのお話のコメントです池っち店長覚えておられますかあの時はありがとうございました。


ついでに。カードゲームは男の趣味3大要素「集める」「作る」「戦う」を語ったメールも私です。


覚えてくれてるかなあ。


身一つ才能一つ運と出会いを大事にそして全力の努力と少しの諧謔。


池っち店長とはそういう人なのです。


男としてそうありたい。


そんな思いを抱かせてくれる、現代の麒麟児。


憧れの人は?


池っち店長です。






スポンサーサイト

若い人と私


「よろしいでしょうか」



「聞いていただきたいことが」



「納得できません」



若い人は言う。











私はこたえる。



「納得ずくで生きている人をみたことはありますか」



「私は無い。年齢立場にかかわらず」



「君の納得の価値は君にしかわからない」



「その立場についたとき、おのれの責任で実行しなさい」
















「てゆうか」














他人の事言う前に自分の事やれ

















そういうことはさ。


社長にでもなってから言いな。


社長の方が「納得いかないこと」は多いだろうけどな!



犬の散歩




夜 田んぼ あぜ道






仕事の関係上、犬の散歩は夜中です。


早くて21時、遅ければ24時を過ぎます。


田舎です。


冬の凍った夜の中、あぜ道を歩きます。


折り返し地点。


佇む私と犬。


いつもここで、夜空を見ています。


冬の星の光、冷たく澄んだ世界。


声なき言葉を交わしている気がします。







「ご主人」

「ん?」

「よい夜です」

「ああ」









「ご主人」

「ん?」

「時間です」

「そうだな」

「帰りましょう」








世代の溝



愛 優しい気持ち












若い者へ


話は年長者に合わせろ









年長者へ


距離感は若い者に合わせろ









間の世代へ


両者を理解しバランスよく

















それでだいたいうまくいく

































理解しろとは言わない

すべて受け入れる必要はない

必要なものは多くない

優しい気持ち、相手を待つ心を忘れるな

忘れても思い出せ

心のあり方は人の気高さを教えてくれる













たくさんトラブルを見てきた走り書き。

男の趣味とは



趣味3




趣味。



良い人生とは、良い趣味を見つけた人生である。

人生、最も幸せな結末とは、趣味の後継者を見つけることである。

趣味を持たない天才は、ただの高等な馬鹿でしかない。

全ての趣味は素晴らしい。趣味に善悪も優劣も存在しない。

夫婦というものは、趣味は別、価値観は同じが最高だ。その逆は最悪だ。





ちょっと調べただけで、名言格言至言がいっぱい出てきます。

おお確かにそうだ!と思わされる素晴らしい言葉の数々。

趣味って、大事なものなのだなあと思います。

しかしあれです。

我々のような一般人は、好きなことイコールで深く考えずそれを趣味としています。

そこで私見つけたのです。

趣味の3大要素。

あえて「男の趣味の3大要素」と言いましょうか。







①集める

これは別に「男の趣味」に限ったものではありませんけれども。

趣味の基本でもありますね。

収集系の趣味は当然のこと、それ以外の趣味でもその要素は多分に含まれています。

映画鑑賞でDVDをたくさん持ってるとか、スポーツ趣味で使用する道具をいっぱい持ってるとか。






②競う

これぞ趣味の醍醐味ですね。

戦う、争う、勝負、試合、バトル。

スポーツ系は全体的にここでしょうか。

将棋なんかがその極みですね。

発表し、賞を目指すようなのも含まれます。

戦い、勝ち、雄叫びをあげる。

それは男として忘れてはならない本能だと思います。






③作る

組む、築く、構築する、改造、カスタマイズ。

微妙に範囲が広い話ですが、これも大事な要素です。

世に2つと無い、己の技術、知識、思想、信念を結集した作品。

同じ趣味仲間と時に盛り上がり、時に大喧嘩したりするのもこの部分ではないでしょうか。








男の趣味で、この3つの要素を一つも持たないものは無いと思います。

つまり。

男ってこの3要素で出来てるってことでしょうか?
























趣味1